自動車保険は安さよりも補償内容の充実を!

PAGE LIST
自動車保険は安さよりも補償内容の充実を!

自動車保険は安さよりも補償内容での相談がおすすめ。

自賠責が値上がりするニュースが最近流れましたが、その背景には事故数だけでない、賠償金額の上昇も一つの理由です。自賠責の値上がりは保険料にも直結し、自動車保険の見直しの契機にもなりそうです。自動車保険の加入の入口として車を購入したディーラーからネット・通販などが多々ありますが、その補償内容でみると均一したものにみえてくることがあります。しかし、比較すると各社の違いは明確です。車両保険や対人・対物などの基本補償に加えて、ロードサービスや事故対応の専任制などを比較の情報で目にしますが、このうちロードサービスは無料の中身を吟味することが大切です。距離に関係なく無料なのか、レッカー移動の他にどんなサービスが無料になるのか、よく確認することです。事故対応に関わる提携先によっては距離数が限定であったり、一部でしか無料実施が行われないケースもあります。ロードサービスについては無料よりも内容重視でチェックし、加入の相談でもその点をよく確認することをおすすめします。

他の保険と同様、自動車保険も数々の特約を付けることができます。自分のカーライフに合わせて補償をカスタマイズできる点で特約を吟味したいところですが、こちらも各社の得意・不得意に関わり、特色も出ています。万一、事故に遭った時または起こした時、特約のつけ方次第で負担も大きく違ってきますので要チェックです。例えば、代車費用や弁護士費用などがそうです。代車費用が基本補償に入っているか、また対人の場合、示談になるまでの交渉に弁護士の仲介も必要になる場合もありますので、これに掛かる費用も準備しておきたいところです。弁護士費用も代車に掛かる費用も特約で補えます。特に車を仕事で使っている場合は代車は欠かせないポイントかもしれません。自動車保険は予算でみるよりも、補償内容重視で相談されることをおすすめです。年額でみると大きな負担ですが、事故時の負担で比較すると加入メリットを感じるものです。

Pick Up

  • 腕時計・おもしろ雑貨の通販は【SINCERE STORE】